持ち運びに便利な携帯用アロマディフューザーおすすめランキング

香りで集中したり、リラックスしたり出来るアロマディフューザー。

実はアロマディフューザーには「携帯(ポータブル)」があるって知っていましたか?ポータブルアロマディフューザーならバッグにいれて好きな時にアロマを楽しめることができます。

今回は持ち運びに便利なアロマディフューザーをご紹介しようと思います。

持ち運びに便利な携帯アロマディフューザーを選び方

携帯に便利なポータブルアロマディフューザーの選び方をご紹介します。

一体どういった点を見て購入を決断すれば良いのでしょうか?

水ありか?水なしか?

ポータブルアロマディフューザーで注目して欲しいのが「水あり、水なし」という点です。水ありの場合は使うたびに水を取り替える必要があります。なのでポータブルとして使うには面倒くさいですよね。それなら卓上で十分だと思います。

なので水なしでアロマオイルを垂らすだけのタイプならアロマオイルとポータブルアロマディフューザーを携帯するだけでOKなので使いやすいと思います。

個人的には水なしのアロマオイルのみのポータブルアロマディフューザーがおすすめ。

稼働時間は長いか?

ポータブルアロマディフューザーは基本的にコンセントを必要としない「充電式」がおすすめです。なので稼働時間には注目しないといけません。30分程度で終わるのなら使い物にならない可能性があるからです。

ポータブルアロマディフューザーの稼働時間と充電時間は注目してみましょう。

携帯できる重量か?

ポータブルアロマディフューザーの重量は意外と大切です。重くては携帯に不便ですし、大きすぎてはバッグに入らないといったことも考えられるでしょう。なのでポータブルは軽くて小さい物を選ぶのをおすすめします。

ただ基本的にポータブルアロマディフューザーは携帯に便利なのでそこまで気にしなくても大丈夫だとは思います。

掃除・メンテナンスは必要か?

アロマディフューザーと言えば意外と掃除が面倒くさいというのが欠点ですよね。水と一緒に使う加湿器タイプは1回1回水を取り替えなくてはいけないし、水が入ったまんま放置するとカビの原因になります。

アロマオイルだけのものに定期的にエタノール等でメンテナンスが必要です。

なので掃除やメンテナンスの簡単さも見てみましょう。面倒くさいタイプは結局使わなくなる要因になりかねません。使いやすいポータブルアロマディフューザーを選びましょう。

本体価格は高いか?

やはりポータブルアロマディフューザーの価格というのは一番重要かも知れません。高すぎては始める気にもなりませんしね。

ただ安すぎるものは壊れやすいのである程度有名なメーカーのものを使うと良いでしょう。

ポータブルアロマディフューザーのおすすめランキング【6選】

マカロン
見た目がかわいいと評判!
  • フィルター式
  • オイルのみ使用
  • 電源不要!
  • 税込 648円
funfan(ファンファン)
5色あるので選べる!
  • ボタン式
  • オイルのみ使用
  • 約40gと軽い!
  • 税込3,980円~税込7,560円
caoru(カオル)
コンセント式で充電要らず
  • 加湿器式
  • 水とオイルを使用
  • コンセントなので充電が必要ない
  • 約130gと重め
  • 税込1,480円~税込3,209円
mercyu(メルシーユー)
どこでも置きやすい!
  • 加湿器式
  • オイルのみ使用
  • 稼働時間約2時間
  • 充電時間約2時間30分
  • 重さは約105gとちょっと重め
  • 税込2,916円
無印良品
無印良品からの発売
  • 加湿器式
  • オイルのみ使用
  • 稼働時間が8時間と長い!
  • 充電時間は3時間50分とちょっと長め
  • 重さは約72gとコンパクト
  • 税込3,990円
AROMASTIC(アロマスティック)
SONYからの刺客!
  • ボタン式
  • カートリッジ式なので簡単
  • カートリッジを変えるだけで掃除要らず
  • 1回の充電で1日10回使用目安で約1ヶ月持つ!
  • 充電時間は2時間と標準
  • 重量は約33gと軽め
  • 単品:税込4,298円+送料324円
  • 定期:税込5,367円 送料無料(カートリッジ付き)
  • 定期は継続回数に縛りなし