ニンニク

にんにく注射って本当に効果あるの?

にんにく注射は、本当ににんにくが入っているわけではなく、にんにくの成分アリナミンというビタミンB1が配合されていることから、このように呼ばれています。実際に、注射や点滴をうつと疲労回復効果が高いためスポーツ選手や芸能人、美容や健康を気遣う人の間で人気です。効果の感じ方は人それぞれですが、即効性が期待できるため疲れがたまっているときなどに打つ人が多い傾向にあります。

にんにく注射は、内科や美容外科などで接種することが出来る注射です。美容や疲労目的で打つ人が多く、他の成分と混ぜて点滴として注入することでより美容効果や疲労回復効果が高くなります。料金は自費となりますので、クリニックによって価格設定が異なりますので継続して受けるなら安いと頃を選ぶと良いでしょう。

にんにく注射は、少し臭いが気になるという声がありますが最近は臭いが気にならないタイプも用意されているクリニックがあります。料金は1000円台で受けられるクリニックもあり、手軽で滋養強壮になることから体力が落ちているときなどにも最適です。健康保険は適用されず、自費での治療となりますので相談料などがかかるクリニックもあり、美容クリニックなどで受けられます。

にんにくは肝臓に良い?朝スッキリ起きれる様になる!?

にんにくの保存方法|最も長持ちするのは?

にんにくはもちろん丸ごと食べることもできますが、風味づけに1、2片入れるといった使い方も多く、余った時の保存方法に困ります。丸のままのにんにくは気温の高くない時期なら、風通しのよいところで1ヶ月程度の常温保存もできます。しかし使いかけのにんにくはそうもいきません。

1片づつのにんにくなら皮をむいてキッチンペーパーで包み、他の食材に匂いがうつらないようにジッパー袋に入れてからチルド室へ入れましょう。これで2ヶ月ほどは保つようになります。皮をむくのが面倒な人はそのままでも大丈夫です。

すぐ使えるようにみじん切り、すりおろしなど加工した場合はジッパー付きの袋に入れ、薄く伸ばした状態にしてから冷凍庫へ入れましょう。こちらは1ヶ月ほど保存することができ、使う時は必要な分だけパキッと折って料理に加えればいいので便利です。

にんにくは冷蔵、冷凍保存の他にもオリーブオイルや醤油に漬けておくことで調味料として使うこともでき、やや長保ちさせることができます。薄切りやみじん切りにしたにんにくをオリーブオイルに漬けておくガーリックオイルは冷蔵で1ヶ月ほど保存可能です。にんにく醤油は常温なら1年ほど、冷蔵庫なら2年ほどと長期の保存が可能です。

にんにくは肝臓に良い?朝スッキリ起きれる様になる!?

にんにくの臭いをスグに消す方法

とても美味しく美容や健康にも良いとされるにんにく料理ですが、やはり匂いがきつくエチケットを重んじて食べなれないといった方も多い食材です。にんにくの臭いには「口臭」と「体臭」の二種類があると言われ、口臭は歯磨きを丁寧かつ入念に行えば約3時間ほどで消えてしまうとされています。

一方、体の中で消化され吸収された後に血液によって全身に運ばれるために、にんにくの臭い成分が体内に残り体臭として表れると考えられています。

今回は、翌日まで残ってしまう強烈な臭い消す方法をいくつかご紹介します。

まず、にんにくを食べる前に牛乳や豆乳・緑茶を飲むことで、臭いを抑える効果があると言われています。食後に行うケアとしては、リンゴやチョコレート・パセリを食べる、口臭サプリメントやウーロン茶を飲むといった方法がおすすめです。また、りんごと生野菜を摂取した場合、30分経過した後に息に含まれる嫌な臭いの成分が明確に減少したという研究結果も報告されています。

電子レンジで加熱するなど、調理方法を工夫し臭いを軽減することもできるので、いろいろな方法を試しながら夏バテ予防や病気の予防などにも効果的なにんにく料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。

にんにくは肝臓に良い?朝スッキリ起きれる様になる!?

にんにくを食べると体臭まで臭くなる?

にんにくは様々な料理で使われて、料理をおいしく仕上げる人気食材です。だけどにんにくが入った料理を食べた後にはニオイが気になる人も多いと思います。にんにくのニオイの原因は、アリシンという物質に起因します。にんにくを調理する時に、刻んだりする潰す事によって、アリインという成分が発生します。このアリインがにんにくに含まれる酵素で分解される時にアリシンが発生して、独特のニオイが発生されます。そのため細かくみじん切りにしたり、すりおろす事でより強いニオイを発生させます。

何故にんにくを食べると体臭が臭くなるのかというと、次のような原因が考えられます。ニオイの原因であるアリシンが、空気に触れると酸化してニオイを発生させます。アリシンを含む料理を食べると、それらが口の中に残って、強い口臭の原因となります。胃腸で消化されてた後も血中にアリシンの成分が取り込まれてしまい、肺を通じて呼吸で息から強い口臭として排出されます。血液が全身を巡る時にアリシンの成分が細胞に取り込まれて、汗と一緒にそれらが排出される事で体臭まで臭くなってしまいます。成分が体外に完全に排出され尽くすまでニオイが消えないので、翌日の体臭を考えて食べるのを控える人も多いです。

にんにくを使った料理を食べてしまった時の口臭や体臭改善法は、消臭タブレットや消臭スプレーなどが用いられますが、調理段階でちょっとした工夫をしたり、無臭タイプのものを使う事で防ぐ事も出来ます。ニオイの原因であるアリシンは加熱する事で弱める事ができます。何故かというとアリインが酵素と反応して、アリシンが発生しますが、酵素は熱に弱いため加熱すると破壊されます。そのためアリシンの発生を、抑える事が出来ます。つまりすりおろしたりみじん切りする前に、電子レンジで加熱して酵素を破壊してしまえばアリシンの発生を抑えて調理する事ができます。またアリインの成分が、始めからほとんど含有されていない無臭にんにくもあります。

にんにくは肝臓に良い?朝スッキリ起きれる様になる!?

にんにくの食べ過ぎは腹痛を起こすので注意!

強い香りのするにんにくは、調理の際に入れると良いアクセントになって美味しいので、食べ過ぎてしまうことがあります。健康に良いとされていますが、食べ過ぎは体調不良を引き起こすこともありますので注意しなければなりません。

腹痛はよくある症状ですが、その原因の一つににんにくに含まれているアリインという成分が関係しています。アリインが酵素のアリナーゼに反応することでアリシンという硫黄性化合物が作られ、殺菌作用によって良い細菌も悪い細菌も殺菌されてしまいます。

つまり、善玉菌も減ってしまいますので、腸内バランスが崩れて調子が悪くなるのが原因です。特に腸内バランスを崩しやすい人は食べすぎに注意して、健康を損なわない程度にしなければなりません。

また、アレルギーを持っている人は、たくさん摂取することでアレルギー反応を起こすこともあります。既にアレルギー物質であることが分かっていれば摂取するのを控えたり、食べる場合でも少量にすることができますが、気付かないと大量に食べてしまうことがあります。

体調が思わしくない時も、食べ過ぎると悪化しやすいので気をつけましょう。健康に良いものではありますが、刺激が強いので大量摂取をすると身体が受け付けない可能性もあります。胃腸のコンディションが思わしくない時に食べることはとても危険ですので、体調を見ながら取り入れることも大事です。

万が一腹痛が起きたら、水を飲むことで軽減できる可能性があります。アリシンは水に溶けやすい性質を持っていて、水を飲むことで刺激が薄まり、素早く身体の外へと排出することが可能です。一緒に食べるものを水分の多いものにすることも良い対処法であり、予防のために水分を多めに摂取しておくのもおすすめです。

いずれにしても食べ過ぎにはリスクがあり、腹痛や吐き気などが引き起こされる可能性がありますので、適量に抑えるように心がけましょう。適量は、調理したにんにくなら3片、生のにんにくであれば1片程度です。

にんにくは疲労回復に最適な食材だった!

身体に良いといわれているにんにくには、優れた疲労回復の効果があります。古くから世界各地で強壮食品や香辛料として利用されてきましたが、現在でも健康対策の一環としてにんにくを取り入れる人は多いようです。

食べると中枢神経を鎮めたり、脂質の代謝に働きかけて血管を拡張し、血液の循環を活発にすることができます。その結果、血管内の疲労因子をスムーズに排出させることができ、疲れを取り除くことが可能です。

更に詳細に見ていくと、人が疲労を感じるのは、ビタミンB群が不足するためであり、エネルギー源になる糖質を十分に燃やすことができず、倦怠感を感じるようになります。

そのような状態の時ににんにくを摂取するとホルモンの分泌を促すことができ、エネルギー代謝も活発になります。元々体内の循環が悪い人は疲労を感じやすいのですが、コンスタントににんにくを取り入れることで症状が軽減されるので試してみましょう。

他にも、消化器系の働きを正常化できることも、疲労回復に役立っています。消化器系の働きが良くなると食欲が増しますし、消化器障害も改善されます。また、肝機能が促進されて、解毒や排泄、分解などもスムーズに行われるようになり、良いコンディションを保てることも大きく関わっているようです。

消化器系の調子を崩すと休んでいるのに倦怠感を感じることがありますが、これは巡りが悪くなっている証拠です。特に肝臓の働きが鈍ると疲労の度合いは強くなるため、機能を低下させないように注意しなければなりません。

神経系統においては、自律神経の働きを正常化することが良い作用をもたらします。自律神経のバランスが崩れるとストレスがかかるようになり、ストレスの影響で体調が優れないと感じるようになります。自律神経の乱れを正して、良いバランスへと導いてくれるのがにんにくですので、継続したストレスがかかっている時に積極的に摂取したいところです。

このように様々な面からアプローチして疲労回復を行ってくれる食材です。食べ過ぎは体調不良を引き起こすことがありますので、適量をコンスタントに摂取しましょう。

にんにくが血圧対策になる理由とは

にんにくは、「食べる降圧剤」と言われるほど血圧対策にはとても良い効果があるといいます。食べると体が温かくなるイメージがあるので心配、という人もいるかもしれませんが、にんにくが血圧を降下させることは科学的にも実証されているので安心して食べることが出来ます。

なぜにんにくを食べると血圧を下げることが出来るのかというと、その成分が主な理由です。高血圧であると診断された場合、通常なら降圧剤を処方され、それを服用することで下げて安定されることになります。

これもいいのですが、どうせなら薬に頼るよりも食事で改善したいという人におすすめなのが「にんにく」なのです。にんにくには血圧を降下させる3つの成分が含まれています。まず、ひとつめがアリインです。

アリインには殺菌作用があるといい、成分は腸管から吸収されることで血液中の脂肪や褐色脂肪組織の脂肪燃焼を促すことで体を温める役目があります。それと同時に、コレステロール値の上昇を抑え、血行を促進する効果もあるということです。血液の流れがよくなることで、自然と血圧が降下していきます。

二つ目は、スルフィド類という成分です。この成分は血液中の血小板の粘着力を弱める作用を持っており、血液の流動性を高めることで血圧を下げる作用があります。また、交感神経を刺激することで代謝を促す効果も期待出来ます。にんにくは熱を作り出すことで末梢血管を拡張させる作用があるので、血圧を上昇させずに全身の血流を促せるという優れた作用を持っています。

3つ目は硫化水素です。これはにんにくを摂取した後に体内で生成され、血管拡張の役目がある成分です。血管を拡張することで流れが良くなり、血管内の圧が低くなるといいます。

このようににんにくを摂取することで、血管内の圧を降下させることが出来るので、降圧剤を服用している人は少しずつでも食事で摂取していくことをおすすめします。日常生活から変えていくことで、薬に頼らない健康維持をすることが出来るようになります。

にんにくは二日酔いを予防する?

にんにくは二日酔いを予防する効果があります。二日酔いの食品で良く知られているのはウコンやしじみ汁が有名ですが、にんにくもその1つに含まれます。効果としてはお酒の毒素を素早く分解して排出してくれるのです。

肝臓の中で上手く毒素が分解されないことにより二日酔いは起こりますが、分解できなかった分をにんにくは対処してくれます。

アルコールは肝臓で分解されるので、あまりにも多い量だと上手く分解することが出来ずに肝臓に負担をかけます。分解で必要な成分ではビタミンB1が上げられますが、にんにくにはビタミンB1がたっぷり含まれています。

その他にビタミンB1と結合する性質があるアリシンと呼ばれる成分がたくさん含まれていることからも予防になります。

アリシンとビタミンB1が結合することによって腸の吸収率が高いアリチアミンに変化することが出来ます。この成分はすぐに飲んでも排出されずに血液上に貯蔵させる仕組みがあります。なので、アルコールを飲む直前に摂らなくても大丈夫です。

大分前に飲んだとしても血液上に貯蔵してあるので長期的に効果を期待することが可能です。アルコールは美味しいですが飲みすぎると肝臓に負担がどうしても掛かってしまいます。それを和らげてくれる仕組みを持つのがにんにくです。

アルコールを飲む前には必ず飲んでおくといいです。飲んでからでも良いですが出来るだけ早く食べておくことにより、事前にアルコールを分解する準備をしておくことで予防になります。

二日酔い中だとかえって胃に負担をかける可能性があるのであまりお勧め出来ません。少し早めに食べておくことで最大の効果を発揮してくれます。お酒のおつまみとしてにんにくを頼んでおくというのも手です。

二日酔いだけでなく、にんにくは体内の自然治癒力を高める効果やガンの予防としても知られているので摂取して損することはありません。二日酔いを避けるためにはにんにくをお酒を飲む前に食べておくと良いです。

にんにくの最強パワー効果とは!?

にんにくには素晴らしい健康効果がありますので、積極的に取り入れる人も多いようです。もっとも有名なのは体力増強や疲労回復であり、疲れが取れない時に摂取すると早めの回復が期待できます。含まれているアリシンはビタミンB1と結合すると体内でエネルギー代謝を助けてくれるのが、疲労回復に効く理由です。ですから、体力が落ちていると感じる時には、ビタミンB1と一緒に摂ると良いようです。

女性にとって嬉しい効果は冷え性なのではないでしょうか。冷え性はそれだけでも辛いと感じますが、そこから肩こりや腰痛、生理痛なども引き起こされます。本来なら栄養のバランスを整えて、なるべく体を温めるような食材を選ぶことで少しずつ良くなりますが、日々のバランスを見直すのは大変だというケースもあります。そこで活用したいのがにんにくであり、交感神経を刺激して末梢の血管を拡張させることで全身の血行を改善することが可能です。冷えると特に辛いのが手足なのですが、首から手足の先まで温まります。

現代社会はがんになる人がとても多くて、予防のための生活習慣などもたびたび取り上げられています。実はにんにくはがん予防にもなりますので、日頃からコンスタントに摂るのが良いようです。最強の効果が得られるとされているのには、やはりがん予防の効果があることが大きく関係しています。国民病とも言われるくらいに増えているがんを予防することは非常に難しく、生活習慣や食事バランス、ストレスなどの様々な部分に気をつけないとなりません。それをにんにく一つで優れた成果をあげることができるのですから、健康対策に利用する人が増加するのも当然です。

更に免疫力をアップさせることで風邪をひきにくくなったり、美肌効果も得られます。抗酸化ストレスを引き起こす毒性物質を感じ取るセンサーのスイッチをオンにして、抗酸化作用を引き出すことから、アンチエイジング対策にもピッタリの食材です。