Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hoshino-0220/chibagrace.org/public_html/wp-includes/post-template.php on line 293

にんにくの保存方法|最も長持ちするのは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

にんにくはもちろん丸ごと食べることもできますが、風味づけに1、2片入れるといった使い方も多く、余った時の保存方法に困ります。丸のままのにんにくは気温の高くない時期なら、風通しのよいところで1ヶ月程度の常温保存もできます。しかし使いかけのにんにくはそうもいきません。

1片づつのにんにくなら皮をむいてキッチンペーパーで包み、他の食材に匂いがうつらないようにジッパー袋に入れてからチルド室へ入れましょう。これで2ヶ月ほどは保つようになります。皮をむくのが面倒な人はそのままでも大丈夫です。

すぐ使えるようにみじん切り、すりおろしなど加工した場合はジッパー付きの袋に入れ、薄く伸ばした状態にしてから冷凍庫へ入れましょう。こちらは1ヶ月ほど保存することができ、使う時は必要な分だけパキッと折って料理に加えればいいので便利です。

にんにくは冷蔵、冷凍保存の他にもオリーブオイルや醤油に漬けておくことで調味料として使うこともでき、やや長保ちさせることができます。薄切りやみじん切りにしたにんにくをオリーブオイルに漬けておくガーリックオイルは冷蔵で1ヶ月ほど保存可能です。にんにく醤油は常温なら1年ほど、冷蔵庫なら2年ほどと長期の保存が可能です。

にんにくは肝臓に良い?朝スッキリ起きれる様になる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*