Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hoshino-0220/chibagrace.org/public_html/wp-includes/post-template.php on line 293

にんにくを食べると体臭まで臭くなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

にんにくは様々な料理で使われて、料理をおいしく仕上げる人気食材です。だけどにんにくが入った料理を食べた後にはニオイが気になる人も多いと思います。にんにくのニオイの原因は、アリシンという物質に起因します。にんにくを調理する時に、刻んだりする潰す事によって、アリインという成分が発生します。このアリインがにんにくに含まれる酵素で分解される時にアリシンが発生して、独特のニオイが発生されます。そのため細かくみじん切りにしたり、すりおろす事でより強いニオイを発生させます。

何故にんにくを食べると体臭が臭くなるのかというと、次のような原因が考えられます。ニオイの原因であるアリシンが、空気に触れると酸化してニオイを発生させます。アリシンを含む料理を食べると、それらが口の中に残って、強い口臭の原因となります。胃腸で消化されてた後も血中にアリシンの成分が取り込まれてしまい、肺を通じて呼吸で息から強い口臭として排出されます。血液が全身を巡る時にアリシンの成分が細胞に取り込まれて、汗と一緒にそれらが排出される事で体臭まで臭くなってしまいます。成分が体外に完全に排出され尽くすまでニオイが消えないので、翌日の体臭を考えて食べるのを控える人も多いです。

にんにくを使った料理を食べてしまった時の口臭や体臭改善法は、消臭タブレットや消臭スプレーなどが用いられますが、調理段階でちょっとした工夫をしたり、無臭タイプのものを使う事で防ぐ事も出来ます。ニオイの原因であるアリシンは加熱する事で弱める事ができます。何故かというとアリインが酵素と反応して、アリシンが発生しますが、酵素は熱に弱いため加熱すると破壊されます。そのためアリシンの発生を、抑える事が出来ます。つまりすりおろしたりみじん切りする前に、電子レンジで加熱して酵素を破壊してしまえばアリシンの発生を抑えて調理する事ができます。またアリインの成分が、始めからほとんど含有されていない無臭にんにくもあります。

にんにくは肝臓に良い?朝スッキリ起きれる様になる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*