Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hoshino-0220/chibagrace.org/public_html/wp-includes/post-template.php on line 293

にんにくの食べ過ぎは腹痛を起こすので注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

強い香りのするにんにくは、調理の際に入れると良いアクセントになって美味しいので、食べ過ぎてしまうことがあります。健康に良いとされていますが、食べ過ぎは体調不良を引き起こすこともありますので注意しなければなりません。

腹痛はよくある症状ですが、その原因の一つににんにくに含まれているアリインという成分が関係しています。アリインが酵素のアリナーゼに反応することでアリシンという硫黄性化合物が作られ、殺菌作用によって良い細菌も悪い細菌も殺菌されてしまいます。

つまり、善玉菌も減ってしまいますので、腸内バランスが崩れて調子が悪くなるのが原因です。特に腸内バランスを崩しやすい人は食べすぎに注意して、健康を損なわない程度にしなければなりません。

また、アレルギーを持っている人は、たくさん摂取することでアレルギー反応を起こすこともあります。既にアレルギー物質であることが分かっていれば摂取するのを控えたり、食べる場合でも少量にすることができますが、気付かないと大量に食べてしまうことがあります。

体調が思わしくない時も、食べ過ぎると悪化しやすいので気をつけましょう。健康に良いものではありますが、刺激が強いので大量摂取をすると身体が受け付けない可能性もあります。胃腸のコンディションが思わしくない時に食べることはとても危険ですので、体調を見ながら取り入れることも大事です。

万が一腹痛が起きたら、水を飲むことで軽減できる可能性があります。アリシンは水に溶けやすい性質を持っていて、水を飲むことで刺激が薄まり、素早く身体の外へと排出することが可能です。一緒に食べるものを水分の多いものにすることも良い対処法であり、予防のために水分を多めに摂取しておくのもおすすめです。

いずれにしても食べ過ぎにはリスクがあり、腹痛や吐き気などが引き起こされる可能性がありますので、適量に抑えるように心がけましょう。適量は、調理したにんにくなら3片、生のにんにくであれば1片程度です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*