Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hoshino-0220/chibagrace.org/public_html/wp-includes/post-template.php on line 293

にんにくは疲労回復に最適な食材だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

身体に良いといわれているにんにくには、優れた疲労回復の効果があります。古くから世界各地で強壮食品や香辛料として利用されてきましたが、現在でも健康対策の一環としてにんにくを取り入れる人は多いようです。

食べると中枢神経を鎮めたり、脂質の代謝に働きかけて血管を拡張し、血液の循環を活発にすることができます。その結果、血管内の疲労因子をスムーズに排出させることができ、疲れを取り除くことが可能です。

更に詳細に見ていくと、人が疲労を感じるのは、ビタミンB群が不足するためであり、エネルギー源になる糖質を十分に燃やすことができず、倦怠感を感じるようになります。

そのような状態の時ににんにくを摂取するとホルモンの分泌を促すことができ、エネルギー代謝も活発になります。元々体内の循環が悪い人は疲労を感じやすいのですが、コンスタントににんにくを取り入れることで症状が軽減されるので試してみましょう。

他にも、消化器系の働きを正常化できることも、疲労回復に役立っています。消化器系の働きが良くなると食欲が増しますし、消化器障害も改善されます。また、肝機能が促進されて、解毒や排泄、分解などもスムーズに行われるようになり、良いコンディションを保てることも大きく関わっているようです。

消化器系の調子を崩すと休んでいるのに倦怠感を感じることがありますが、これは巡りが悪くなっている証拠です。特に肝臓の働きが鈍ると疲労の度合いは強くなるため、機能を低下させないように注意しなければなりません。

神経系統においては、自律神経の働きを正常化することが良い作用をもたらします。自律神経のバランスが崩れるとストレスがかかるようになり、ストレスの影響で体調が優れないと感じるようになります。自律神経の乱れを正して、良いバランスへと導いてくれるのがにんにくですので、継続したストレスがかかっている時に積極的に摂取したいところです。

このように様々な面からアプローチして疲労回復を行ってくれる食材です。食べ過ぎは体調不良を引き起こすことがありますので、適量をコンスタントに摂取しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*