Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hoshino-0220/chibagrace.org/public_html/wp-includes/post-template.php on line 293

にんにくが血圧対策になる理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

にんにくは、「食べる降圧剤」と言われるほど血圧対策にはとても良い効果があるといいます。食べると体が温かくなるイメージがあるので心配、という人もいるかもしれませんが、にんにくが血圧を降下させることは科学的にも実証されているので安心して食べることが出来ます。

なぜにんにくを食べると血圧を下げることが出来るのかというと、その成分が主な理由です。高血圧であると診断された場合、通常なら降圧剤を処方され、それを服用することで下げて安定されることになります。

これもいいのですが、どうせなら薬に頼るよりも食事で改善したいという人におすすめなのが「にんにく」なのです。にんにくには血圧を降下させる3つの成分が含まれています。まず、ひとつめがアリインです。

アリインには殺菌作用があるといい、成分は腸管から吸収されることで血液中の脂肪や褐色脂肪組織の脂肪燃焼を促すことで体を温める役目があります。それと同時に、コレステロール値の上昇を抑え、血行を促進する効果もあるということです。血液の流れがよくなることで、自然と血圧が降下していきます。

二つ目は、スルフィド類という成分です。この成分は血液中の血小板の粘着力を弱める作用を持っており、血液の流動性を高めることで血圧を下げる作用があります。また、交感神経を刺激することで代謝を促す効果も期待出来ます。にんにくは熱を作り出すことで末梢血管を拡張させる作用があるので、血圧を上昇させずに全身の血流を促せるという優れた作用を持っています。

3つ目は硫化水素です。これはにんにくを摂取した後に体内で生成され、血管拡張の役目がある成分です。血管を拡張することで流れが良くなり、血管内の圧が低くなるといいます。

このようににんにくを摂取することで、血管内の圧を降下させることが出来るので、降圧剤を服用している人は少しずつでも食事で摂取していくことをおすすめします。日常生活から変えていくことで、薬に頼らない健康維持をすることが出来るようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*